キューサイ青汁といえば冷凍でしょ!

キューサイ青汁といえば冷凍でしょ!

キューサイは現在では粉末の青汁も販売していますが、やはり発売当初からズッと販売している冷凍青汁のイメージが強いですね。

自社ファームや契約農家で厳重な管理のもとに育てたケールを新鮮なうちに搾り、マイナス40度くらいの低温で急速冷凍した青汁は、いつでもフレッシュで青野菜の栄養をそのまま取り込むことができると評判です。最近では低酸素・新鮮クリア製法によって、以前にも増してさらに鮮度を保てるようになっています。

冷凍青汁は場所はとるし配送も大変ですので、売る方も買う方もある程度覚悟が必要です。多くの会社が冷凍青汁を提供しているわけではありません。キューサイとファンケルと遠藤青汁、そんな感じで数えられるくらいしかありません。買う方も冷凍庫に余裕が必要ですよね。

だけども、そういう苦労をしても報われる品質だと思いますよ。粉末だとどうしても乾燥(粉砕)するときに多かれ少なかれ青汁の栄養素が一部失われると思いますが、冷凍青汁だとそのリスクは少ないですから。

味はまあ、ぶっちゃけ青臭いです。冷凍とはいえ、ケールがそのまま入ってるわけですから。でもエグみはないし、そういうものと思って飲めば問題ないと思いますよ。

昔から言うじゃないですか。「良薬口に苦し」って。「まずい!もう一杯!」というCMどおりのキューサイ青汁が飲みたいのなら、冷凍青汁に限りますよ。



TOP PAGE